2022年8月10日 投稿者: masterad_hmpga

夏休みの自由研究に人気の染物体験

夏休みに染物の自由研究はいかがですか?

夏休みに入り子供たちは学校に行く必要もなく、朝もゆっくり眠ることができ、日中は勉強もしなくていいと感じ勝手に開放的な気分に浸っています。
ところが母親からすると、夏休みの間しっかり毎日宿題をこなしてくれないと、8月末になり始業式に宿題ができていないことになり焦ってしまうのです。
結局まだやっていない宿題のしわ寄せは母親に来てしまい、特に自由研究の課題をこなしていないと母親として本当に困ってしまうのです。
家にいて、子供に自由研究をしろと言っても子供も何をしていいかわからず困惑するばかりです。
そこで夏休みに親子でお出かけついでに、染物の体験イベントなどに参加することをお勧めします。
染物のイベントは都内でも地方各地でも、企業や自治体、NPO法人などが良く行っているのです。
染物体験では、地元に自生する自然の植物を採取してきて、そこから抽出した色素を用いて白いTシャツや反物を染めるといったイベントなどが良く開催されているんです。

みやこ染を自由研究として体験しませんか?

東京都心部で子供に何か染物体験をさせたいと思っている方も多いでしょう。
染物というと、京都やインディゴブルーの岡山県を想起しがちですが、何もそこまで遠出しなくても都心で染物体験は十分できるんです。
その染物とは、みやこ染であり日本橋発祥の染料店です。
1890年から歴史があるのです。
体に有害な物質は一切含まれておらず、お子様も安心して染料に触れ、染物体験をすることができます。
みやこ染のホームページでは常に染物体験のイベントを紹介しており、様々な形式や違った染物体験ができるようにもなっています。
風呂敷夢絞り染、タイダイ染、リユース染なども行ってるんです。
持ち込み素材での染色教室なども随時開催しています。
家でデザインに飽きてしまって着なくなってしまったTシャツなどを、新たに染料で染め直すことで新たな付加価値が生まれ、素敵なTシャツに生まれ変わらせることができるんです。
こうした経験を通じ子供たちはリユースやSDGs、リサイクルの考えを学ぶこともできます。

まとめ

子供の夏休みの宿題で自由研究は、頭を悩ますものです。
そこ東京都心で開催されている、みやこ染という染物体験に子供を連れていき、自由研究とするとよいでしょう。
タイダイ染に風呂敷夢絞り染、リユース染などのイベントも開催されており、そうしたことを子供が体験することでSDGsやリユース、リサイクルといった考えを学んでいくこともできるようになるんです。
着なくなってしまったTシャツなどを持ち込んで、染め上げることで付加価値が生まれることも学べます。